アトピー皮膚のかゆみ①

アトピ-性皮膚炎の人はたくさんの悩みを抱えていますが、その中でも特につらいのはやっぱり「かゆみですよね。
 
眠れないほどのかゆみが起こり、掻いてはいけないと思ってもつい掻いてしまう。
 
するとますます痒くなって掻きこわしてしまいます。
 
そこで細菌感染を起こし、悪循環に・・・
 
普通の方の痒みは抗ヒスタミン剤などの痒み止めによってとまるのですが、アトピーの方の痒みは何故とまらないのでしょうか?
 

健康な肌は、痒い場所を掻くと、それが痛みに変わることでかゆみが消えるのですが、アトピーの場合は掻けば掻くほど痒くなります。
 
実はアトピー皮膚は健康肌とは反対に、痛みの刺激が痒みに変わってしまうのです。
 
このことから、アトピー皮膚は刺激が伝わる仕組みに異常があることがわかってきました。
 
この異常な刺激伝達を正常に戻すのがカタライザーの糖鎖8種類の糖質から構成)の働きです。
 
糖鎖は細胞間のコミュニケーションを担当する重要な情報伝達器官です。
 
人の細胞一つ一つには、毛のような長い突起があります。
 
この突起こそ糖鎖なのですが、この突起が外的要因と接触することで、その情報を一瞬で判断し、付近の細胞や器官に情報を伝達するのです。
 
アトピーの方はこの糖鎖の働きが過剰なため、体の中の動きや異物に反応し、過剰に攻撃してしまいます。
 
カタライザーで糖鎖を補うことにより、健康な方と同じ正常な皮膚の刺激伝達に戻り、痒みが消えていくのです。
 
これからは痒みで、かきむしって感染症にならないように痒み対策が必要ですね。
 
 
☆[http://www.atopy-fine.jp/ お店のサイト]もぜひご覧下さい。
 
 

 

くすりのファイン相談サロン
相談42年実績5千人無料相談コチラ

アトピー性皮膚炎ブログの最新記事8件

NO IMAGE

無料相談はここをクリックしてください