陰部湿疹と色素沈着

ここ数日、いっきに寒くなってきましたね。


風邪のお客さんも増えてきていますので、気をつけましょう。

最近は男女問わず陰部湿疹(特にお尻の方まで)の相談も多いですね。

これからは蒸れにくくなるため治りやすくはなりますが、数年来悩んである方は本当に痒みは辛く冬場でも治りにくいものです。

実は私も数年前、お尻に湿疹ができたことがあり、夏場の痒みには悩まされました。

お尻の割れめ(>_<)の周りが黒っぽく広がり、白い所との境目の二か所ぐらいに大きいブツブツができていました。

私の場合、慢性ではないのでステロイドを使用すると一時的に痒みとブツブツは治まっていました。

ただしばらくするとまたブツブツができるし、もともと皮膚が弱いタイプではないのですが、ステロイドの長期使用は良くないのでカタライザーマスマリンリキッドを使用しました。

わりと即効性で痒みも楽になるようで、通常はカタライザーのスプレー、痒い時にプラスマスマリンリキッドで治療していくとその年の夏の終わりぐらいにはブツブツも出なくなりお尻の色素沈着もきれいになっていました。


ステロイドも1日つけたら数日塗らないというふうにしていたのが良かったのでしょう。
確かに西洋薬は一時的な効果は絶大なものがありますが、日常的に使うものではありません。
夏場は汗をかくと、時々お尻も痒くなりますので、痒くなった時だけカタライザーをスプレーして、現在まで何事もなく過ごしております。
今はお尻も白くなり、堂々と温泉めぐりに行っています(^O^)



くすりのファイン相談サロン
相談42年実績5千人無料相談コチラ

陰部湿疹ブログの最新記事8件

NO IMAGE

無料相談はここをクリックしてください