Mさんのアトピー闘病記

昨年の4月より、ファインのアトピー治療を開始されたMさん。

もともとは目の上の湿疹で皮膚科に行かれ、ステロイドを長期使用されていたそうです。

当店に来られる前は漢方治療をされており、その漢方薬局では弱いステロイドも出されていました。

顔、首、胸の上まで乾燥と黒ずみで皮膚もボロボロにむけ、眉毛も抜けて、首からは汁がひどくて常にタオルを巻いておられました。

最初の1ヶ月は離脱症状がひどく、むけた皮膚で山ができるほどで、首の汁とかきむしった血がタオルにべっとりつくほどでした。

会社でも痒みがひどくて、仕事が手につかないと、仕事を止めてアトピー治療に専念されることを決意。

家にいるときは1日8時間ぐらいスパエナジー(別府明礬温泉の元)を入れたお風呂に入り、徹底的にカタライザーの塗布をされていました。

3ヶ月めぐらいには、顔の黒ずみは薄くなってきましたが、痒みと首の汁がまだまだ残っています。

8月ぐらいには最初に比べたら随分良くなっていましたが、まだまだアトピーとわかる状態です。

それから何度か電話でのカタライザーや銀河水、スパエナジーの注文がありましたが、症状は見ておりませんでした。

12月に入り、「こんにちわ」と言って明るく笑顔で入ってこられた女性の方。

私達が「どななですか?」と聞いたら「Mですよ」との返事。

本当にきれいになっておられ、誰かわかりませんでした。

それもそのはず体調もよくて6kg太っつたそうで、顔もすこしふっくらなっておられます(もともとが痩せ型だったので今が丁度いいぐらいかな)。

Mさんがこんなに美人だったとは(失礼)、私達もびっくりしました。

今年の1月から仕事を始めるそうで、早く現場復帰して、いい花嫁さんになってくれたら嬉しいですね(笑)。
お店のサイトもぜひご覧下さい。


くすりのファイン相談サロン
相談42年実績5千人無料相談コチラ

アトピー性皮膚炎ブログの最新記事8件

NO IMAGE

無料相談はここをクリックしてください