薬と健康について|アトピー性皮膚炎③

薬と健康についての最後はアトピー性皮膚炎についてのお話です。
 
【アトピー性皮膚炎について】
 
島添先生の子供さんは3ヶ月ぐらいからアトピー性皮膚炎が発症したそうです。
 
現在4歳になられていますがきれいに治っていました(スライドで見ましたがとてもかわいいお子さんです)。
 
先生もステロイド否定派で使用しなかったそうです。
 
西洋薬は対処療法であって原因を治しているのではないのです
 
表面は治っても体質は何も変わっていません
 
先生の子供さんは、ある程度の食事療法(アレルゲンの除去食)と機能性食品で治されたそうです。
 
ただ疲れたときや風邪を引いたときに少し症状が出るそうです。
 
アトピー性皮膚炎は、風邪を引いても症状が出なくなった時が本物です。
 
糖鎖栄養素カタライザーで免疫を高め、疲れない、風邪を引かない身体をつくっていきながら、活性酸素を除去していくのが病気を治すには一番いい方法だと思います。
 
☆[http://www.atopy-fine.jp/ お店のサイト]もぜひご覧下さい。


くすりのファイン相談サロン
相談42年実績5千人無料相談コチラ

アトピー性皮膚炎ブログの最新記事8件

NO IMAGE

無料相談はここをクリックしてください