アトピー性皮膚炎に朗報?

昨日からニュースや新聞で取り上げられていた「皮膚を保護、、アトピー改善 新開発に光、京都大学」のニュースを見られた方も多いと思います。
 
内容は・・・
 
「皮膚をバリアーし保護するタンパク質の働きを強める化合物を京都大のチームが発見、この物質を使ってマウスのアトピー性皮膚炎の症状を改善させることに成功し、16日付の米科学誌電子版に発表した。
 
チームによると、アトピー性皮膚炎の治療には炎症を抑える外用薬などがあるが、皮膚が薄くなったり病原体に感染しやすくなったりする副作用が出ることがある。今回の化合物はアレルゲンになる物質を皮膚に取り込まないように作用する。新たなる治療薬となる可能性があり、10年後をめどに実用化を目指す。
 
アトピー性皮膚炎の患者は、皮膚を保湿し、アレルゲンをブロックするタンパク質「フィラグリン」の働きが低下している。チームは千種類以上の化合物をそれぞれヒトの皮膚細胞にかけ、人工の有機化合物「JTC801」がフィラグリンの働きを強めることを突き止めた。」
 
実際に人口の有機化合物を与えたマウスと与えなかったマウスの皮膚炎症症状の違いが写真付きで紹介されました。
 
本当に副作用がなく、アトピー性皮膚炎が改善するのであれば、早く商品化してもらいたいですね。
 
あと10年もアトピー性皮膚炎で苦しまないといけないなんて・・・、と思っておられる方も多いと思います。
 
10年も我慢する前に、体の外と中のケアで、早くきれいな肌を取り戻したいですね。
 
 
☆[http://www.atopy-fine.jp/ お店のサイト]もぜひご覧下さい。

 
 


くすりのファイン相談サロン
相談42年実績5千人無料相談コチラ

アトピー性皮膚炎完治の最新記事8件

NO IMAGE

無料相談はここをクリックしてください