アトピー皮膚の痒み

アトピー性皮膚炎の患者さんの大半は、強い痒みを訴えます。
 
そこでアトピー皮膚の予防と治療にはまず痒み„に対する対策が第一です。
 
痒いという、反応を化学的にみれば、生体内で瞬時に発生したヒスタミンという化合物によっています。
 
皮膚においては真皮および皮下組織の血管周辺にマスト細胞と言われる特殊な細胞が散在しています。
 
このマスト細胞に皮膚表面から、あるいは血管を通じて運びこまれたアレルゲンが入ってくると、中から多量のヒスタミンが放出されます。
 
このヒスタミンが炎症反応を起こし、痒みを起こすのです。
 
アトピー性皮膚炎の方はもともと表面のバリア機能が低下して乾燥肌になっています。
 
乾燥肌を拡大してみると、たくさんの隙間があり、ここからアレルゲンの侵入→ヒスタミンの放出→痒がおきてきます。
 
痒くてつらい時も、かきむしらずに、「痒み対策」をしていきましょう。
 
 
☆[http://www.atopy-fine.jp/ お店のサイト]もぜひご覧下さい。
 
 
 
                  
 


くすりのファイン相談サロン
相談42年実績5千人無料相談コチラ

アトピー性皮膚炎ブログの最新記事8件

NO IMAGE

無料相談はここをクリックしてください