花粉症対策をしっかりと

アトピーの方には要注意の花粉症の季節です。
杉花粉がアトピー性皮膚炎を悪化させることが科学的に立証されています。
杉花粉の増える3月~6月に杉花粉だけに反応するリンパ球の数が急増します。
リンパ球について分泌しているタンパク質を分析しますと、アレルギー性炎症を引き起こすタンパク質が増えています。
原因は、皮膚にバリア機能を失った頃に花粉シーズンになりますと、花粉が入りやすくなり、ヒスタミンを放出するからです。
対策としては、自分自身の免疫をしっかりあげて(カタライザー等を飲む)、反応に負けない皮膚をつくりましょう。
スキンケアをしっかりして、皮膚のバリアを作ることも大切です。
またコーヒー、チョコレート、スナック菓子、お肉、ラーメン、牛乳、バター、マーガリン、チーズ等は
アトピーを悪化させるヒスタミン等の化学物質を産生させるものが多量に含まれていますので、この時期は少し控えて下さいね。
何はともあれ、花粉症シーズンアトピーを悪化させないように、しっかりと対策して、無事に乗り切りましょう!

くすりのファイン相談サロン
相談42年実績5千人無料相談コチラ

アトピー性皮膚炎ブログの最新記事8件

NO IMAGE

無料相談はここをクリックしてください