季節の変化と肌の変化の差

最近は本当に寒い日が続いています。

気温が下がると新陳代謝が低下し、古い皮膚が剥がれ落ちにくくなり、血液も行き渡りにくくなり、肌が乾燥してきます。

皮膚の細胞はその季節に応じ、温度湿度に適応するように調節していきます。

表面の細胞が入れ替わるには4週間(28日)かかるので、季節の変化肌の変化の差が生じてきます。

細胞は4週間前の気候に合わせて作られていますので、今の時期用の肌ではありません。

そのため、低い気温と温度に触れるときゅっと縮み、細胞の間にひびが入ったり、細胞の端がめくれ上がったりして水分の蒸発が進んでしまいます。

今年に入り、今まで調子が良かったアトピーの方が、二人ほど悪化して来店されました。

お話を聞いていると、乾燥とともに年末年始の食べ過ぎが原因のようです。

食事の注意点とカタライザーをしっかり塗布(殺菌)して、保湿を怠らないようにお話しして帰っていただきました。

次回来られる時はきっと元のきれいな肌に戻っておられると思います。

またこのブログでご報告します。
お店のサイトもぜひご覧下さい。


くすりのファイン相談サロン
相談42年実績5千人無料相談コチラ
NO IMAGE

無料相談はここをクリックしてください