旬の食べ物を摂りましょう

  • 2009年2月27日
  • 日常
  • 6view
年末・年始に悪化された二人のアトピー性皮膚炎の方。

一人はほとんど見た目はわからないくらいに回復されていました。

もともとが食事にも気を付けておられた方ですから、またもとの生活に戻られたら、回復は早いようです(もう一人の方は外食中心だから、もう少し時間がかかるのかな…)。

今は食事に季節感がなくなっていますので、食事はできるだけ「旬」のものを食べるようにして下さい。

食べ物の栄養分が凝縮されて、生命力が一番旺盛になることを「旬」といいます。

自然の中で生きている私たちの体には、旬の穀物や野菜のもつ刺激解毒作用排泄効果などが不可欠です。

特にアトピーの方は冷え症の方が多いため、寒い季節にエネルギーをぎゅっとため込んだ、陽性の根菜類が冷えを防ぎ、体を温めてくれます。

白菜、キャベツ、れんこん、ごぼう、にんじん、大根、ねぎや、ぶり、かき、ひらめ、なまこ、あんこう
などの魚介類もおすすめですよ。

まだまだ乾燥の季節、カタライザーのスキンケア、乾燥対策(保湿)も忘れずに…。
お店のサイトもぜひご覧下さい。


くすりのファイン相談サロン
相談42年実績5千人無料相談コチラ
NO IMAGE

無料相談はここをクリックしてください