アトピー性皮膚炎改善後、消毒薬にかぶれる!

今年もあと1ヶ月ですね。
何かと気忙しくなってきますので、病気や交通事故等には気をつけて良い年を迎えましょう。
今日はアトピー性皮膚炎治療1ヶ月弱の千葉県の女性の方をご紹介します。
幼少期からアトピーがあり、22歳までステロイドを使用して、ベリーストロングのステロイドが効かなくなり、脱ステされたそうです(その後25年間ステロイドは使用していない)。
離脱症状に苦しみながら調子が良くなるが、5年前から仕事の関係で消毒薬を使用することにより、手から肘に湿疹、水疱が広がり、首や顔も真っ赤でまぶたも腫れてきたとのことでした。
11月11日より糖鎖栄養素カタライザー、銀河水(シリカ水)、スパエナジー(大分県別府明礬温泉湯ノ花エキス)で治療を開始。
最初のガサガサして皮むけが酷かったのが、2週間目には少し落ち着いてきたので保湿をしてもいいか、とのお電話があり。
カタライザーを飲むと痒みが随分楽になるとのことなので、保湿はまだせずに、カタライザーの飲む量を増やすようにアドバイスしました。
11月28日のお電話では、悪い所がポロポロ剥けて自分の肌が見えてきたと嬉しそうに報告がありました。
たまに痒みはあるそうですが、離脱経験のあとは、ステロイドを使用されていなかったことが早い改善につながったのでしょうね。
生まれつきアトピー体質はもっておられたと思いますが、今回は消毒薬を使用したことからの「かぶれ」が、皮膚が弱いためにあちこちに広がったのでアトピーとは別になります。
ここでステロイドを使用していたら、またアトピーの再発につながったのかもしれませんが、よく我慢して治療して頂きました。
完治までにはもう少し時間はかかると思いますが、この調子で治ってくれたら嬉しいですね。

くすりのファイン相談サロン
相談42年実績5千人無料相談コチラ

アトピー性皮膚炎治療中の最新記事8件

NO IMAGE

無料相談はここをクリックしてください