アトピー治療|離脱後の悪化①

アトピー性皮膚炎でステロイドや他の薬を中止して、アトピー離脱を乗り越え、きれいになった後、仕事のストレスや風邪、花粉症の時期に皮膚症状が出ることがあります。

アトピー性皮膚炎を乗り越えたのに、「また再発かしら?」と疑問を持っている方の症例です。

アトピー治療|28才|女性

5年前にアトピー性皮膚炎で来店。病院の看護士をしている28才の女性

すっかり治っていたのですが、最近また背中にポチポチ赤い炎症ができ、アトピー再発かと電話がありました。

2ヶ月前の電話では、「今は調子がいいのであまりスキンケアをしなくても大丈夫です」と言っていた矢先のことです。

看護士の仕事をしながら、ある認定書をとるため夜は学校と、一日がハードな毎日を送っています。

あと1ヶ月で認定書もいただけると張り切っておられました。

こんな症例の場合、前のアトピー性皮膚炎は乗り越えているのですが、もともとアトピー性皮膚炎になりやすい方は、ストレスが溜まったり、食事、睡眠のバランスがとれなくなりますと、弱い場所(皮膚)が負担になって、アトピーと同じ皮膚炎症が起こってきます・・・。

くよくよせず、アトピー性皮膚炎の最初の治療のようにカタライザーを塗布、内服をしっかり続けていくうちに情報伝達がうまくいき、いつの間にやら治っていきます。

毎日の食事のバランス睡眠と規則正しい生活をしていくことが大切です。

この症例の人は、治ってからのスキンケアを全くせず、健康な人と同じ日常生活を過ごすことにより、ハードな環境(仕事、勉強)で無理をし続けてそれが皮膚に出てきただけで、アトピー性皮膚炎の再発とは異なっています(アトピー性皮膚炎の原因はステロイドの長期使用により、副作用が出て、症状が悪くなっていく)。

回復には糖鎖栄養素カタライザーを徹底的に塗布、内服で体のバランス(皮膚)を正常に戻していきます。

お店のサイトもぜひご覧下さい。


くすりのファイン相談サロン
相談42年実績5千人無料相談コチラ

アトピー性皮膚炎治療中の最新記事8件

NO IMAGE

無料相談はここをクリックしてください