アトピー治療|離脱後の悪化②

前回に続き離脱後に悪化した人の症例です。

アトピー治療|32才|女性|福岡県

赤ちゃんの時からのアトピー性皮膚炎で、あらゆるアトピー治療法を試して治らなかったと来店された32才の女性の方

くすりのファインの治療により、2年間アトピー性皮膚炎も治まり楽しい日々を送っておられましたが、今年の4月、花粉や黄砂の時期に風邪をひき、また仕事のストレス等が入り、2~3日で一気に悪化、1ヶ月ぐらいまったく何をしても回復しない日が続いていました。

この症例の方には、一時的にステロイドを処方して、悪いところにしっかり塗布してもらいました。

1週間で一気にもとの皮膚に回復し、その後また糖鎖栄養素カタライザーを内服、塗布で元気に毎日を過ごしておられます。

この方は、副腎皮質ホルモンの出が弱く、その上ステロイドを長期皮膚に塗り続けておられました。

離脱した後も3年程は注意しなければ季節や仕事、精神的ストレス等を受けた時に、副腎皮質ホルモンの出が弱いため(離脱でステロイドをはなしている)、アトピー皮膚症状が出てきます。

こういう場合は、短期間ステロイドを体に入れることにより、一気に回復していきます。

この症例の方は特別で、通常は少量でも予防でカタライザーを内服、塗布していればここまで治らないことはありません。

アトピー皮膚症状をカタライザーで予防している方は、離脱後年数が経つにつれて、短期間の“ステロイド療法„も必要なくなっていきます。

アトピー治療で改善した後も、予防が大切ですね。
お店のサイトもぜひご覧下さい。


くすりのファイン相談サロン
相談42年実績5千人無料相談コチラ

アトピー性皮膚炎治療中の最新記事8件

NO IMAGE

無料相談はここをクリックしてください