悪化するには原因があります

  • 2008年6月17日
  • 日常
  • 17view
昨年の11月よりアトピー治療(カタライザー・銀河水・別府明礬温泉の素)を開始されたK君。

子供の時から発症して、18才でひどくなった(特に顔)そうです。

ステロイドも長期使用されており、当店に来る前には漢方薬(白虎人参湯)を3ヶ月飲んでいたそうですが、全然変化がなく逆に悪化したりする場合もあったようです。

長期ステロイドを使用しておられたわりには、離脱もほとんどなく、順調に回復しておりました。

2~3月の寒さや黄砂で悪化した人が多かった時期も乗り越え、もう大丈夫と思っていた時に、4月中旬、両手(手首より下)が一気に悪化して来店されました。

板前修業中で、その頃から洗い物等、手を使う仕事が急激に増えてきたそうです。

来店される度に、炎症が強くなっており、何とか仕事を他の場所に代えてもらえないか話しましたが、人員的にも無理だったようです。

5月末に来店された時、手がほとんど元の状態になっておられたためお聞きすると、思い切って仕事を辞めて、カタライザーの飲用と塗布の量を増やしたそうです。

一度よくなった皮膚が悪くなる場合、そこには必ず原因があるんです。

治療とともにその原因を取り除くことも大事ですね。

今は治療に専念されて、リラックスした日常生活を送っておられるK君。

アトピーを完全に克服される日もそう遠くはないでしょう。

お店のサイトもぜひご覧下さい。


くすりのファイン相談サロン
相談42年実績5千人無料相談コチラ
NO IMAGE

無料相談はここをクリックしてください